読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANPERE

書きたいときに書く。考えたいときに考える。

人間に必要な4つの柱

日記 名言

こんにちは、ひまです。

 

 

やっと、春休みに入りました。

ちなみに今日、福井県では雪が降りました。

毎年思うことですが、春ではありません。

 

 

しかし、春はすぐにやってきます。

 

 

 

私は、3月~5月を春と呼びます。

その3か月間で、私は進路を決定します。

 

 

春は、何かが始まる季節であり、

 

 

何かが終わる季節でもあります。

「終わりよければすべて良し」は、まったくもって罪な言葉で

 

 

これまでの過程を忘れさせる、

時には都合の良い言葉です。

 

 

さて、今回、ブログにどうしても書き留めておきたかったのは、

 

先生の一言についてです。

 

 

その先生は非常勤講師で、後期の週に一度私たちの専門教科を担当していただきました。その分野のプロフェッショナルの方です。

 

 

その教科は、私が苦手とするものでした。

「正解がない」教科なのです。

 

 

いわゆる、美術のような

最終的には個人の好みや価値観に左右されるもので、

成績のなかの悩みの種。

すでに最終講義も終了し、

来年度から先生の講義はありませんでした。

 

 

その先生が喫煙スペースで休憩されているところを

私が通り過ぎようとしたとき

 

「ちょっと」

 

と、呼び止められました。

 

私は、数秒の間に次の言葉の予想がつきました。

でも、その予想とは大きく外れていたので、あえて伏せておきます。

 

 

「お前、なんか変に目立とうとしてないか?」

 

 

困惑しました。「なぜそう思われたんですか?」

 

「うーん、プレゼンだとか、製図とか模型とか、全てを見てずっと思ってた。」

 

 

何かを見抜かれたような気がしました。

その何か、とは、「無理をしていること」。

 

 

無理をしてでも成績を上げようとしたことが見え見えだったようです。

正直、得意な教科でも無理をして満点を取ろうとすることがあります。

苦手教科ですから、なおさら。

 

 

「私は、以前からこの教科は苦手なんです。だから頑張ってはいます。」

 

 

「俺だって、もとからセンスなんてねえよー。もっとそのままでいいんだよ、そのままで」

 

 

そのままとは何なのか...それからずっともやもや考えていました。

でも、解決しませんでした。なので、ブログにメモとして保存したかったのです。

 

 

 

最終講義で、先生は私たちに言いました。

 

 

人間は、4つの柱があれば、社会人として生きていける、と。

f:id:himayana:20170225233145j:plain

 

①信念

 

②向上心

 

③柔軟性

 

④余裕

 

それぞれ、良くなれば柱は上に成長します。

 

 

例えば、下敷きのような板を、指でささえるときを想像してください。

 

1つの柱だけ優れていても、2つの柱であっても、ふらついて安定しません。

 

それなら、もう一点、さらにもう一点を補うようにする。

そうすれば、人間的に安定します。

まんべんなく、良くする必要があるのです。

 

変に目立とうとした私は、成績に対する信念や向上心だけが先走って

 

柔軟性や余裕がなくなっていたのかもしれません。

 

私が今まで困難だったのは、余裕をもつことでした。

どれだけ以前から他より努力していようとも、

 

不安だけが残って、努力して、頭のスキマを埋める必要がありました。

 

でもそのスキマは、埋めるためのスキマではなく

 

「余裕」だったとしたら。

 

 

不安なら、努力しなければいけません。

なんでそこまで不安になるのか。

 

それは、一所懸命であるからです。

一つのことにずっと取り組んでいるから、周りが見えなくなる。

 

ふと、周りを見渡したとき、その世界は未知のものに溢れていて、

 

それを知らない自分が怖くなる。

 

これからは、どんなことに対しても

 

ものごとを広く見て、自分の立ち位置を分かって行動する必要がありそうです。

 

余裕を持つ=だらける ではありません。

適切な、かつ徹底された準備があるからこそ余裕があります。

 

一言でいえば、広い視野をもつことです。

顕微鏡ではなく、拡大鏡

 

 

私は、残念ながら、こういうことはすぐに忘れてしまうので、

(ちなみに、先生とお会いした時、柱を1つも思い出せませんでした(笑))

 

ブログを遡って、また振り返ります。

 

 

私は、4つの柱の中で、一番難しいのは余裕だと思っています。

 

信念や向上心は、何か目的があれば発生します。

柔軟性は、気持ちの問題?協調性に似ているのかもしれません。

 

余裕は、自分を受け入れてこそ手に入れられるものではないでしょうか。

 

日々、自分と向き合うようになったひまでした。