読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANPERE

書きたいときに書く。考えたいときに考える。

SketchUpをインストール

PC

こんばんは。ひまです。

 

今日はちょっと新しいことに挑戦してみます。

 

SketchUp」です!!

 

 

SketchUpとは何か

私は土木・建築学科生です。

 

ある日、後輩たちが面白そうなものに苦戦しているのを見ました。

彼らは、自分で設計した家を画面上で操作しています。

 

「えっ!これ3DCAD!?でも、ちゃんと絵になってる...」

 

とある先生に聞くと、それはSketchUpというソフトだそうで。

カラフルで、木目もリアルな感じ。

新しい先生が担当されてから、SketchUpを使う講義形式が導入されたそうです。

私の時は、スチレンボードで黙々と模型を作っていました。

 

「いいなあー。ずるい。」

で終わらないのが私。早速やってみようではないか。

 

 

 

SketchUpは、建築でCGパース(Computer Graphic Perspective)の役割を果たします。

例えば、図面とは別に、完成した時の予想図を完成前にお客様に伝えることができます。(イメージ図のような感じですね)

 

 

「おお!プレゼンに使える!」

単純にそう思いました。

 

さっそく手に入れたい

SketchUpは操作が簡単といいますが、インストールも簡単です。

 

 

まずはHPへGO

f:id:himayana:20161228212321p:plain

www.sketchup.com

誰でもデザインを始めたくなりそうなページが登場。

早速、『SketchUpをダウンロード』をクリックしましょう。

 

無料版を使いたい

SketchUpには、SketchUp Make(無料版)SketchUp Pro(有料版)の二種類があります。ん?それはどこで選択するのか...

 

クリック後、こんな画面になります。

f:id:himayana:20161228213215p:plain

使用目的を聞かれるんです。

実は、ここがポイント。

 

『教育目的』か、『個人的なプロジェクト』をクリックすると、SketchUp Make(無料版)をダウンロードできます。

 

ちなみに、『教育目的』を選択すると、

f:id:himayana:20161228213638p:plain

んん?名前がいるのか?

学校名まで...

 

 

そんなあなたには、『個人的なプロジェクト』をクリックすることをお勧めします。

f:id:himayana:20161228213827p:plain

Eメール入力、職業/関心事を選択し、使用しているOSを選択するだけでOK。

SketchUp Makeのダウンロード』をクリック!

 

インストールを開始しよう

うーん。全部日本語だし、わかり易すぎる。

しかも、

 

f:id:himayana:20161228214424p:plain

ここまで書いておいてくれるとは。

 

えーっと、インストーラーはどこに...

f:id:himayana:20161228214631p:plain

ダウンロードフォルダにあったので、デスクトップに引っ張り出してあげました。(画面コルクボード上)

 

ダブルクリックすると、インストーラーが起動し、

f:id:himayana:20161228214935p:plain

続行するとここまできます。

『次へ』進むと、インストール先フォルダを聞かれるので、好きな場所を選択してください。

(ここでは事前に作っておいたSketch Upフォルダに指定しています)

f:id:himayana:20161228215103p:plain

 

その後、『続行』するとインストールが開始されます。

f:id:himayana:20161228215539p:plain

 

この緑のバーは、何周かします。お待ちください。

 

f:id:himayana:20161228215653p:plain

インストール完了しました。

 

左上にバババンと登場した3兄弟。『SketchUp 2017』をダブルクリックします。

 

 

契約書を読んで、『SketchUp使用許諾契約書に同意する』に☑をいれて進むと、『SketchUpを使い始める』のボタンが出てきたので、

 

嬉しそうに押すと、

 

 

f:id:himayana:20161228220019p:plain

※怒られました。

 

『テンプレートを選択』

f:id:himayana:20161228220220p:plain

ひまは土木・建築学科生ですので、単位はmmに設定。

 

やっと!

f:id:himayana:20161228220630p:plain

※急に現れたのっぺらぼう

 

驚かされたのもつかの間、

 

いかにも失敗しなさそうな『回転』ツールを使って

f:id:himayana:20161228220842p:plain

※よっ、アクロバティック!

 

とか言って、遊んでいました。

いつも画面の右側に、アニメーション付きでツールの使い方が詳しく説明されているので、説明書いらずです。

 

 というわけで、インストールは無事終了しました。

 

参考文献

これはいいかも、という書籍をご紹介します。

SketchUp+Thea Render 魅せる建築CGパースの描き方』/ 近藤紗代 著,山田邦博 監修/翔泳社

 

Amazon CAPTCHA

手順を飛ばすことなく丁寧に説明されている。Thea Renderのデモ版が収録されたDVD-ROM付ということで初心者にも安心。

 

以上、ひまでした。